フォルスクラブで言語の勉強

最近の日本は日本語教育よりも英語教育に力を入れている傾向があります。
それゆえ、日本語を話せない新卒社会人が急増し、
新人研修にて日本語の教育を行うほどと言われています。
かなり変な話ですが、今の日本人はそれだけ正しい日本語を扱えないのです。

また、日本語にもいくつかの種類があります。
方言というのが存在し、
その地域だけで成立する言語というのが存在するのです。
信じられないかもしれませんが、
弘前大学医学部では「津軽弁」を学ぶための授業があります。
ご高齢の方とコミュニケーションを取るには、
津軽弁をマスターしないといけないからです。

フォルスクラブは英語を学ぶことができる教材です。
そしてその英語は、最もスタンダードなアメリカ英語になります。
クイーンズやオーストラリアンとはちょっと違うのです。
なお、こうした英語は方言のように国ごとに存在します。
シンガポール英語は若干、アメリカンに近いようです。
そもそもアメリカ自体国土が広いので、
北部と南部ではかなり言語体系が異なるかもしれません。
フォルスクラブで英語を学んでも、
メキシコの国境付近では通じない可能性もあるかもしれませんよ。

フォルスクラブは手話の勉強も可能です。
しかしこの手話もまた国・地域によって独自の言語体系があり、
フォルスクラブで学べるのは日本式の最も標準なものとなります。
津軽弁のように手話にも方言がありますよ。
実際、四国の4県はそれぞれでオリジナル手話が存在し、
意思疎通の伝達に困っていると言われています。

フォルスクラブは日本の教材です。
それゆえ、あらゆる説明を日本語で行います。
もしも英語しか話せなかったら、
満足にフォルスクラブで学習することが出来ないでしょう。
ライフサポートも英語しか話せなかったら、
相手にコチラの意図を伝えることが出来ません。
フォルスクラブを満足に扱うなら、
小学校卒業レベルの日本語(特に漢字)はマスターしておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です