フォルスクラブが株のプロである証券外務員試験に対応するとしたら

証券会社で働くなら証券外務員の資格は必須です。
ただし、入社試験の時にこの資格を取っておく必要はなく、
遅くても入社4ヶ月目までには欲しい資格になります。
この資格がないと、窓口に出て実際に働くことが出来ません。
会社側も、いつまでも社員を研修として遊ばせる訳にはいかないのです。

フォルスクラブが株のプロである証券外務員試験に対応すれば、
かなり便利と言えます。
まず、証券外務員にはいくつかの種類があり、
一種、二種、信用取引外務員資格、内部管理責任者などの資格があります。
少なくとも、二種さえ取得すれば、窓口に立って普通に業務を行うことが出来ます。
より高度なことを行うなら一種が必要ですが、新卒1年目でしたら、
そこまで急いで取る必要はないと言えます。
この二種の合格率は50~60%程度なので、
2~3回受ければ普通に合格することが出来ます。
フォルスクラブで勉強すれば株のプロである証券外務員の試験も怖くないでしょう。

そして、ありがたいことに、証券外務員試験は土日祝を除いて毎日開催しています。
司法試験は年一の開催なのでかなりの緊張感を強いられますが、
土日祝を除いて毎日開催してくれれば、そこまで緊張しないかもしれませんね。
と言っても、普通に受験料は掛かりますし、平日しか対応していないので、
会社を休んで受験することになります。
正確には、会社の命令で受験するので、出勤日扱いです。
毎週のように受験させてはくれません。
多くても、月に1回程度でしょう。
せめて2回目で合格できるように、しっかりと対策をしたいですね。

フォルスクラブは株のプロである証券外務員試験の対策コンテンツを作りやすいと言えます。
フォルスクラブのようなeラーニングは忙しい社会人のためにあるような教材で、
仕事の合間にコツコツ勉強するのに向いています。
個人で勉強するのも良いですが、法人契約を結んで社員全員に一律で、
株を学べるフォルスクラブを課すのも良いかもしれませんね。
フォルスクラブのふぉるぱで株のプロである証券外務員に関する問題を自作してやらせるのも、
アリと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です