eラーニング研究所とマルチ商品は全く別物

【eラーニング研究所はマルチ商品なのか?】

インターネット学習という画期的なシステムを構築し、新しい教育環境を作り出したeラーニング研究所ですが、最近eラーニング研究所はマルチ商品を提供しているのではないかという声を耳にするようになりました。eラーニング研究所が提供している様々なeラーニングを利用している人は、何のこと?という感じだと思います。マルチ商品というと良いイメージを持つ人はいませんし、むしろ怖いイメージを持ってしまうことでしょう。果たしてこの噂は本当なのでしょうか。気になるので調べてみることにしました。

 

 

【なるほどと思ったことについて】

まず結論からいえば、eラーニング研究所が扱っているeラーニングはマルチ商品ではありません。だから安心して大丈夫です。eラーニングそのものはやはり画期的で、優れた学習方法と断言して良さそうです。塾などに通う時間がない人や、好きな時に自由に勉強したいという人にとってeラーニング研究所が提供するとインターネットを使った学習は本当に便利で、その内容も優れています。では、なぜeラーニング研究所はマルチ商品を提供しているのではないかという噂が流れているのでしょうか。調べていくとeラーニング研究所と商品を販売する販売員との間に原因があることがわかってきました。具体的にいうと販売員になるためには一定の登録費用を支払う必要があります。その額は決して少なくないので、元を取り戻すためには商品を売らなければならなくなります。ところが、人によってはうまく販売することができず損をしてしまうということもあるようです。ここがマルチ商品ではないかと誤解されるポイントのようです。

 

【そもそもマルチ商品とはどういうものか?】

そもそもマルチ商品というのは、商品を仲介する人が何人も層をなして、最初に紹介した人が多大な利益を生むシステムのことを言います。マルチ商法は儲かる人は考えられないほどの利益を得ますが、その他大部分の人は儲けることができないばかりか、損をすることも少なくありません。このようなことから社会的な問題となり、法律で禁止されている無限連鎖講にもひっかかる可能性が高いものです。しかし、eラーニング研究所の商品は仲介者となるのはその販売員のみなので、マルチ商法とは全く異なるのです。

 

【風評被害は怖いし、本当に迷惑!】

どんなに素晴らしい商品を扱っていても、風評被害は多大です。eラーニング研究所はこのような誤解から生じた根も葉もない噂によって、多くの損害を被ってしまうことになったようです。そのため現在では販売システムを改善し、誤解を与えないように努力しているようですが、むしろ残念なのは消費者のほうでしょう。せっかくの素晴らしい教育システムにも関わらず、風評によって誤解をして利用することを断念したとすれば、本当にもったいないことです。ただ、このような風評は一時的なことなので、徐々にeラーニング研究所のすばらしさが再確認されていくものと思われます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です