eラーニング研究所はマルチ商品を扱っていない

eラーニング研究所の魅力は、インターネットを使った教育をしていること
2010年以降にインターネットを使った教育教材などが増えてきていますが、その中でeラーニング研究所が提供している教材はかなりの数にのぼっています。eラーニング研究所は、これからの時代にインターネットで教育をすることが主流になるのではないかと考えたことから、インターネットの教材を提供することになりました。当初は一方的に動画を流すことが中心でしたが、次第に教育に対するフォローも十分にできてきたため、インターネットを通じての会話などが行えるようになります。

 


インターネットの教育は、どれぐらいの規模になっているか
eラーニング研究所はインターネット教育の先駆けといっても言い過ぎではありませんが、2015年以降の日本におけるインターネットの教育規模はどのようになっているかが気になるところです。2005年の段階ではおよそ3100億円のマーケットがありましたが、その後2015年にはかなりの規模のマーケットになっていることが予想されています。およそ、1兆円規模のマーケットになっており、かなりの需要が見込まれている証拠です。

 

 

時代と共に進化!!
eラーニング研究所が提供している教育内容も時代とともに進化しており、無駄のない教育を心掛けています。例えばコスト削減をすることにより料金を安くし質の高い教育内容を安価で提供することができました。また、単に学校教育だけでなく、社員教育なども取り入れており、その活動の幅は多岐に及んでいます。eラーニング研究所は今までのやり方に満足するだけでなく、これからもより質の高い商品を提供していくでしょう。ところが最近は、知名度が上がるにつれて事実と反するような内容のうわさもされているのも事実です。その一つが、eラーニング研究所はマルチ商品を扱っているのではないかとの内容でした。
そもそもマルチ商品とは、どのようなものか。

 

 

いわゆるネットワークビジネス
マルチ商品とは中学校三年生ごろに公民で習う内容ですが、いわゆるネットワークビジネスで扱っている商品のことを意味しています。どのような流れになっているかといえば、まずマルチ商品を販売する会社側が多くの会員を集めて、それぞれさらに友人や近所の人などを誘うように伝えます。誘って報酬が一切ないと活動してくれませんので、一定の報酬を与えることを前提に活動させることになります。しかも自分の下のラインがいっぱいできたときに報酬がたくさん増えることにすれば、会員は必死になって活動するわけです。そこで扱っている商品の例は、健康食品や化粧品あるいは羽毛布団などのマルチ商品になります。最近は、サービス自体をマルチ商品として売り出しているようなところもあります。

 

 

eラーニング研究所が、マルチ商品を扱っていない事実
eラーニング研究所は、インターネットを通じて教育を提供し、それに付随して教育教材を販売するのが仕事です。ですが、多くの人を勧誘してマルチ商品として販売しているのではありません。このように考えれば、ネットワークビジネスと一切関係がないことがわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です