イーラーニング研究所はマルチ商品ではない理由

●イーラーニング研究所がマルチ商品の噂を立てられたのは何故?
誤解されることが多いのですが、イーラーニング研究所はマルチ商品を販売し収益をあげていると言われることがあります。これは本来の事業を正しく理解しないことに起因する誤解と、表現するほかなく誠に残念なことです。ではイーラーニング研究所がマルチ商品との誤解が生まれた根源には、何があるのでしょうか。これはメンバー限定でサービスを提供するスタイルに一つの原因があると言えるのです。
メンバー制を採用することになんら珍しくありませんが、先進的な教育システムを現実のものにし、その意義を体感した会員が他の人にも勧誘することが珍しくないのです。それが第三者の目から見て、マルチ商品を取扱っているとの誤解が生まれる理由になったものと考えられるます。特に教育と言う年齢を問わず関心の高い方には身近な分野であるために、途中挫折してしまうこともあるでしょう。その挫折体験もマルチ商品の謗りの原因になっていることも考えられます。


●イーラーニング研究所はマルチ商品ではないのか?
イーラーニング研究所では入会金と月会費を支払うことで、家族全員がサービスを受けることが出来ます。これは同社が誰もが利用し易い環境で公平に教育を受ける機械を保証するとの基本理念を体現しているからにほかなりません。このシステムを利用すれば小中学生は各自に適合した教材を使って自主学習を効率的に実践でき、大人は英会話に使うと言ったスタイルで勉強を行うことを実現します。時間も場所も選ばずに好きなタイミングで、勉強の時間を持つことができるので、マルチ商品とは対極の性格をもったサービスであることを了解いただけるでしょう。


●そもそもイーラーニング研究所はインターネット環境と共に発展してきた
イーラーニング研究所はインターネット環境への接続へのコストが急激に低下していく時代の潮流に乗って発展を遂げてきました。それまでの時代、年齢の壁を越えて学習の機会へのアクセスは現代ほど簡単ではありませんでした。
わずかに積極的に勉学に取り組め環境と能力、そして時間を必要としていたのです。しかしイーラーニング研究所が提供する教育システムの登場はこのような状況を一変させることになりました。実際に体験してみてそのメリットを見出した人々から人口に膾炙されて、積極的意義が広まることになりました。


●イーラーニング研究所はこれから先も、さらなるシステムの改善に努力を怠らない
しかしインターネットの功罪ですが、なかには根拠も無く誹謗を流すごくわずかの少数の誹謗が、マルチ商品だとの根拠のない噂を広めることにもなりました。ネット上では得てして、悪く目立つ口コミが注目される傾向があります。
人の口には戸を立てられませんが、本当に良いものは時代を超えて継承されていくものです。イーラーニング研究所はこれから先も、独自の教育システムの改善にたゆまぬ努力を続け、意義深さをより多くの人々に実感してもらえることを目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です