フォルスクラブはMLM企業か?

フォルスクラブはMLM企業か?
フォルスクラブMLM企業ではありません。MLM企業は会員制のビジネスをしていて、会員となった人がその企業の商品やサービスを販売することが出来るというシステムをしているのですが、フォルスクラブは会員になったからといって、フォルスクラブの商品やサービスを販売する権利は会員にはありませんので、全くMLM企業とは違うという事が言えるわけです。

 

なぜフォルスクラブがMLM企業のように言われるのか?
これは全く言いがかりのようなものですが、印象としてそのような印象があるという事があるからだと考えられます。会員制というシステムがあるのと、ネットで教材を提供するという新しい分野の仕事という事があって、こうしたこれまでにないサービスが出てくると、まず人は怪しいという事でこれまでに怪しかったビジネスと同じように考えてしまうので、MLM企業というイメージが出てきてしまうという事になるのかもしれません。

 

MLM企業は別に違法ではない
MLM企業というと日本人は悪いことをしているという事を真っ先にイメージするところがありますが、その販売方法は違法でもなければ、悪徳商法でもありません。問題ない普通の販売方法と言ってもいいかもしれない。単に会員がその会社の商品やサービスを販売することが出来るというだけの事であって、その会員には誰もがなる事が出来るので、昨日まで普通の人だった人が急に会員となって商品やサービスを販売するようになってしまうという事が出来るのが、このMLMビジネスの特徴的なところという事が言えるのかもしれません。別にモノを販売するのに会社員でなければならないという事は無く、アルバイトの人でも出来ますし、別に道を歩いていた無関係の人に少しの間だけ店番をしてもらって、その時に販売をしてもらうという事があっても構いません。会社員でなければならないという事は全くないわけです。

 

フォルスクラブは何故問題視されることがあるのか?
フォルスクラブが問題視されることがあるのは、プレミアム会員というシステムが問題視されるのかもしれません。ただ、この場合でも悪い評判をする人はよくこのシステムが分かっていないので、単にマルチだとか、ネズミ講だとか、MLMだとかといって非難をするというわけです。ですが、フォルスクラブはまっとうなビジネスをしていて、このプレミアム会員という制度についても全く違法性はありません。フォルスクラブは一般にサービスを受ける人が会員になる場合がスタンダード会員というものにしていて、プレミアム会員という特別な会員にならなければ、ここの商品やサービスを販売することは出来ないというシステムを採用しています。ですから、一般の人が販売をしたり勧誘をしたりするような事はないわけで、この事を考えてもフォルスクラブがこうした怪しいビジネスの類とは全く違うという事が分かるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です