香港上場を考えているならフォルスクラブで英語学習

【香港と英語の関係】

香港は昔から外資系企業が多く、イギリスの植民地だったことから特に富裕層は英語を話す人が多いです。
地元の一般人は英語よりも広東語を話します。
香港は1997年に中国に返還されましたが、それまではイギリス領だったため公用語は英語です。
公用語が英語なので、誰もが英語を流暢に話せると勘違いしている人もいます。
英語のレベルは日本とそれほど変わらないです。
外資系企業が多いエリアや観光スポット、高級ホテルでは英語が通じます。

【香港市場の魅力と香港上場】

日本でも外資系企業に勤めると一定レベルの英語が必要になりますが、香港でも同じです。
最近は香港上場を考えている起業家が増えています。
香港市場は起業家にとっては魅力的な市場です。
香港上場が実現すると、世界の投資家からも注目されることになります。
世界には有名な証券取引所が複数ありますが、香港取引所も規模が大きいです。
香港市場にはメインボード市場と小規模な企業の耐えにGEM市場があります。
メインボード市場では海外の企業が預託証券の形で香港上場を実現できます。
香港証券市場には多くの魅力があります。
中国やアジア市場に販売を拡大したい場合は、香港上場が足がかりになります。
香港市場は資金調達力で実績があります。
2013年にはニューヨーク市場に次いで第2位になっています。
法人税率が低く、キャピタルゲインは非課税です。

【フォルスクラブでの英語学習と香港上場】

起業して香港上場を頭に入れつつ仕事をしている場合、英語の勉強をしておいた方が将来的に安心です。
イーラーニングで人気のフォルスクラブには優れた英語コンテンツもあります。
小学生用の英語アプリから社会人も楽しめる英語アプリまで幅広く取り揃えています。
男性向けアプリと女性向けアプリがあり、好きな方を選ぶことができます。
起動するとプロローグが始まり、ストーリーを読んだらキャラクターを選択します。
本編が始まると物語の中に問題が出てくるので、問題をしっかりと解くことで英語力が徐々に付きます。
英語を説くことでゲージが表示され成果が人一目でわかります。
ストーリーを進めていくことで高品質の画像がコレクションに加わり、ゲームが追加されます。
プレイ中に表示された画像は後で確認することができます。

【フォルスクラブは英語以外の学習コンテンツも豊富】

フォルスクラブは英語以外のコンテンツも多いです。
知識を増やしたい人は、フォルスクラブの会員になることでレベルの高い勉強ができます。
香港上場を考えている起業家は英語だけでなく広い知識も必要になります。
フォルスクラブで様々な知識を吸収しておくことで、ビジネスの場でも役立ちます。
フォルスクラブは幅広い学習ができますが、料金がかなり安いです。
1契約で家族5人までのアカウントが取得可能なのでお得に活用できます。
フォルスクラブの会員に申し込みたい場合は、ホームページの会員登録フォームに必要事項を入力して送信します。
支払いを行い初回の認証とパスワードの登録が済めばサービスの利用がスタートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です