ネズミ講やハムスター講とは違うフォルスクラブ

ネズミ講と呼ばれるシステムの特徴とは

ネズミ講とは、ネズミ算式に組織そのものが拡大していくようなシステムのことを指しています。ネズミ講の組織はピラミッド型になっており、上のランクにある人が大きな利益を得るような仕組みとなっているのです。そこで扱われる商品やサービスは、実質的にほとんど価値の無いものだといわれています。持っていても意味がないような商品を、利益を得るためだけに販売し、そこで生じた収益をランクの高い人が吸い上げる、といった形です。フォルスクラブは学習教材やカリキュラムを扱う会社ですので、ネズミ講ではないといえるでしょう。フォルスクラブのシステムは、無限に続いていくネズミ算式の商法とは全く異なっているのが実情です。

ハムスター講というシステムが実在したら

ネズミにはあまり良くないイメージがありますから、ネズミ講という言葉にも自然と警戒心や忌避感がわくものです。しかしネズミとよく似ている生き物、ハムスターだったらどうでしょうか。ハムスター講というシステムが実在したら、名前の可愛らしさから、つい参加してしまう人も多くななりそうです。ペットとして親しまれている可愛らしい小動物であり、げっ歯類に属するといわれています。フォルスクラブは子供向けの教材を数多く扱っている会社ですから、ユーザーの中にはハムスターを飼っている小学生も多いかもしれません。学習机の上にはフォルスクラブのタブレットとハムスターのゲージを置いている、そんな子供も多くいるでしょう。
ハムスターはネズミと同じタイプの生き物だというイメージがありますが、同じげっ歯類に属していても、体や性質には様々な違いが存在しています。

ネズミとハムスターにはどんな違いがあるか

ハムスターというと、ひまわりの種を美味しそうにほおばっている、まるまるとした顔をイメージする方は多いでしょう。ハムスターには食べ物をしまい込むほお袋がありますが、ネズミにはありません。同じげっ歯類に属していても、口の中の構造が全く異なっているのです。またネズミは不衛生な環境にいることが多く、ウイルスや病気の原因を運ぶ動物だといわれています。清潔な飼育下にあるハムスターには、そういったリスクが無い、というのも重要なポイントです。ネズミやネズミ講が持つネガティブなイメージとは、かけ離れた存在だといえるでしょう。ハムスターはその可愛らしさで、飼い主に癒やしを与えてくれます。フォルスクラブユーザーの中にも、ハムスターを飼育している人が多くいます。フォルスクラブで勉強を頑張った後はハムスターと遊んでリフレッシュする人も多そうです。

多くの人から人気を集めるペットの代表格

ふんわりとした毛皮やかわいいほお袋を持つハムスターは、フォルスクラブの会員からも親しまれているペットの代表格だといえます。ネズミ講は怖いがかわいいハムスター講なら参加したい、そんな人も多いでしょう。フォルスクラブでしっかりと学べば、ネズミ講に引っかかること無く、元気な毎日を過ごせそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です