フォルスクラブの上場先の候補の前に予習をしよう

日本の証券取引所をおさらいしよう


フォルスクラブを利用する方も多い中、これだけの知名度があって基盤もしっかりとして実績がのこるなら、上場も十分に納得できるという声が上がっています。フォルスクラブが上場するならどの証券市場になるのかは話題になっていますが、その前に日本だけでもどれだけの証券取引所があるのかご存知でしょうか。意外と知らない方が多く、ニュースで聞く証券所の事だけを想像しがちです。そこでフォルスクラブが上場するかもしれない証券取引所をより深く考えるためにも、日本にある取引所をチェックしておく予習をしましょう。そうすればフォルスクラブのことが、もっと期待して楽しく将来を見据えることができます。

ここが日本の中枢の東証


まずは日本の証券取引の中枢ともいえるのが東証です。正確には東京証券取引所といい東京の茅場町にあります。東証の中にも東証一部と二部、さらにマザーズとジャスダックの4つに分かれています。一部がトップの位置にあり、大企業がひしめいているので、日本の名だたる企業が集まっています。世界でも有数の証券取引として、経済に与える影響も大きいです。よくニュースや新聞で本日の株価の終値などが出ますが、これは東証一部に上場している企業の内の225銘柄の平均値です。それだけ日本の経済を代表するといっても過言ではありません。東証二部は中規模企業が多く、マザーズやジャスダックは新興企業が多い傾向があります。自由に上場する場を選べるのではなく、それぞれ条件があるので満たしていることが厳格に審査されます。

東証以外にもあるって知っていますか


東証の他にも中京圏から関西圏の経済を反映する名古屋証券取引所があります。以前は東証と大阪証券取引所とともに日本三大取引所として賑わっていました。ちなみに大阪証券取引所は東証に統合したため、現在はありません。名古屋証券取引所も3つに分かれていて、一部と二部、さらに新興企業向けのセントレックスがあります。九州の証券取引所としては福岡証券取引所があります。主に九州に本社を置く企業が上場していますが、上場数は100社前後が続いていて規模的には小さめです。こちらにも新興企業向けの市場も用意されています。最後に北海道には札幌証券取引所ありますが、福岡よりもさらに規模は小さく、上場企業数も少ないです。

海外って可能性もフォルスクラブなら高い


このように日本では今現在は4つの証券取引所が開設されています。しかし、東証に上場するのが効率的で売買にも有利になることが多いため、遠方に本社がある企業でも東証に集中する傾向が強くなっています。これを考えるとフォルスクラブも東証からスタートする可能性はゼロではありません。フォルスクラブなら最初から一部ではなく、もう少し下の市場から始めるかもしれません。どちらにしても、もしフォルスクラブが上場するなら活発な取引がされることでしょう。海外で事業を展開すれば、その土地での上場も考えられるので、フォルスクラブもその可能性も十分あります。日本だけでもこれだけ可能性があり、海外も含めてとなれば期待が膨らむばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です