株分けで魅力が増加するフォルスクラブのアプリ

「フォルスクラブから株分けされたアプリ」

eラーニング研究所の「スクールTV」や「9資格対策講座」などは、そもそもフォルスクラブ内で用意されていたアプリです。このサービスが分離化されている事は、まさに「株分け」といった言葉が適しているでしょう。元々フォルスクラブで評判であった物が、eラーニング研究所に場所を移して引き続き好評価を獲得しています。ではなぜ株分けという表現がぴったりなのか、言葉の意味などを元にして照らし合わせてみましょう。

「人気上昇して大きくなったアプリ」

株分けという言葉には、大きくなった株を分割する事で効率的に栄養を行き渡らせるという意味もあります。まさにフォルスクラブのアプリに当てはまる意味合いで、それぞれのサービスが成長して大きくなる事で実行されたと言えるでしょう。規模が成長する事は良い事でもありますが、植物では栄養が行き渡らなくなったり、老化にも繋がります。そこで株分けをしながら、成長しやすい環境を作り上げて、さらなるサービスの向上を図っているのです。

「切り離す事によって利用者増加に繋げる」

そして株分けの意味合いとして、複数に切り離す事によって栄養繁殖を行うという表現もあります。フォルスクラブのアプリをあえて切り離す事で、目に付きやすくなりますので、サービス利用者の増加も期待できるのです。株という植物は分ける事によってメリットがありますが、注意するポイントも存在します。それは株分けする際にはあまり小さく分離させすぎないという事で、これはフォルスクラブの提供するサービスにも言える事となります。
細かく小さく分けてしまうと、目的のアプリが見つけにくくなりますので、ある程度の大きさを保つ事も工夫されています。株は小さすぎると新芽が出しにくいとも言われており、細かくしすぎてしまうとそのアプリの魅力も最大限に発揮できないかも知れません。

「株分けから見えるビジネススタイル」

フォルスクラブが取り入れているこのような株分けスタイルは、利用者目線でのサービス向上にも繋がっています。例えば大企業と呼ばれる会社などは、多数の子会社やグループ会社を持っています。これは1つの企業として全部を賄うのは効率的ではなく、よりよいサービスを提供するための施策でもあるのです。
大きなショッピングモールなども、1つの店舗で多数の商品を扱うスタイルよりも、個別でテナントを設けていく事で、利用者へのきめ細かい対応にも繋がるでしょう。どこに何があるのか分かりにくい大型店よりも、目的の品物がすぐに見つかるテナントのほうが利便性に優れるケースもあるのです。個別の専門性を持つ事で、プロ視点のアドバイスなども可能となり、クオリティの高いサービスにも繋がってきます。
このようにフォルスクラブの目指すビジネススタイルは、利用者への満足感を第一に考慮しながら、株分けのシステムを上手に活用していると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です