イーラーニング研究所の掲載実績をねずみ王子が紹介

・日本経済新聞の記事になりました

ねずみ王子おすすめのイーラーニング研究所は、日本経済新聞に掲載されたことがあります。2019年11月18日付けの生地であり、「能動的学び、期待高く」というタイトルになっています。詳細はイーラーニング研究所の公式ページからも閲覧できますが、概要はイーラーニング研究所で学習するメリットをデータ化したものです。大まかな内容は自発的に学習するモチベーションを活かせる、論理的思考を養うために役立つ、将来に役立つ学びを提供しているなどです。社会や経済を活性化させるためには、一人ひとりの教育が大切だと考えているのです。自発的に学習する意欲が生まれれば、自然と勉強が好きになるでしょう。好きこそものの上手なれだとねずみ王子は考えています。

・時事通信社でも取り上げられる

時事通信社の記事でも、ねずみ王子がおすすめするイーラーニング研究所が取り上げられています。小学校教育改革に対して9割の人が不安に感じているという内容です。その最大の理由は教員の質であり、それ以外だと教育設備や教材などの意見が目立っています。やはり昔と比較して、教育の質が低下していると感じている保護者は多いようです。必要と感じている教育には学校外の内容があり、インターネットやアプリを利用したサポートが必要という意見があります。これらはイーラーニング研究所の2020年教育改革アンケートに基づくものです。これからは自発的に学習できる人が、学力を伸ばしていくのでしょう。ねずみ王子も勉強は自分からする状態が好ましく、勉強好きになれば自然と学力は上がると考えているのです。

・小学校教育改革のアンケートも実施している

ねずみ王子推奨のイーラーニング研究所は、2020年小学校教育改革に関するアンケート結果を発表しています。これはさまざまな媒体に掲載されており、公式ページではWEB記事として読むことができます。教育系だけでなくビジネス系の雑誌にも掲載されるなど、大変注目されているのがわかるでしょう。時代とともに教育のスタイルは変化しており、時代に即した内容にしなければミスマッチします。ねずみ王子が感じるところとしても、これからは学校教育だけでは不十分であり、インターネットを活用した教育が必須だと考えています。

・夏休み生活のアンケートも掲載される

子どもと親の夏休みの生活に関するアンケートが各媒体で紹介されたことがあります。ねずみ王子お気に入りのイーラーニング研究所では、親が子どもと一緒に過ごせる時間が少ないと紹介しているのです。7割超は週に3日以下と答えていることからも、学校が休みだからと言って親との接点が広がるわけではないとわかります。ねずみ王子は子どもの学力向上のためには親の力が必要不可欠であるため、親と子どもが過ごす時間は少しでも増やすのが好ましいと考えます。イーラーニング研究所は大人も楽しめるので、子どもとの接点を増やすためのツールになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です