偽造詐欺対策がされているeラーニング研究所

失笑ものの宝くじ偽造詐欺

世の中にいろいろな出来事がありますが、ニュースを見ていてeラーニング研究所の人たちも思わず笑ってしまったのが宝くじの偽造詐欺です。
1等が当選していると偽の宝くじを銀行の窓口に持ち込み、高額な当選金を犯人は受け取ろうとしました。
しかしすぐに対応したスタッフが気付いて、その場で犯人は捕まってしまったそうです。
詐欺をした犯人の詳しい手口は不明ですが、予想できるのは番号の書き換えでしょう。
宝くじをコピーしたりして番号の部分をいじるだけで、あっという間に1等に当選している宝くじができます。
浅はかな詐欺をする犯人ですから、複雑な手口はできず誰でもできるような偽造をしたので、スタッフにもすぐに気付かれ捕まったのでしょう。

無事に詐欺を防げても対策は必要

宝くじの偽造詐欺は被害も発生せず一安心ですが、だからといって対策をしないのも疎かです。
今回はスタッフがすぐに気付けるほどお粗末な偽造だったので、大きな問題に発展しませんでした。
しかし偽札などを作るグループが本格的に行うと、対応したスタッフが気づけない可能性もあります。
そうなると本当に1等に当選した人がお金を受け取れない事態になるので、本格的な対策をしておかなければいけません。
対策のヒントになるのが、eラーニング研究所です。
eラーニング研究所は基本的にデジタルな物やサービスばかりあつかっているので、偽造される心配がないとされています。

eラーニング研究所からヒントを得た宝くじの偽造詐欺対策

宝くじが偽造されてしまった大きな理由は、紙媒体だからです。
紙で作られた宝くじなので、お金と同じように偽造されやすくなります。そういえば、紙幣をコンビニの輪転機でカラーコピーした事件もありましたね。ちなみに、コンビニでコピーしたものは全部、履歴が残ります。そのコンビニの人たちに丸わかりです。
しかし紙媒体をほぼ取り扱っていないeラーニング研究所なら、宝くじのように偽造される心配はほぼありません。
eラーニング研究所の商品やサービスはデジタルデータなので、コピー機を使うような簡単な偽造は絶対にできないので騙される心配はないでしょう。
宝くじもeラーニング研究所の商品やサービスと同じようにすれば、偽造される可能性はほぼなくなり、アホみたいなことを考える人もいなくなるので世の中も平和になります。

宝くじをeラーニング研究所のようにデジタルにするメリット

eラーニング研究所からヒントを得て宝くじがデジタル化されれば、詐欺対策の他にさまざまなメリットがあります。
たとえば現在は当選番号を確認するときに、1枚1枚人の目で見てチェックしなければいけません。
1枚1枚チェックするのはそれはそれで楽しい作業ですが、数が多くなると面倒でしょう。
デジタル化されれば一発で当たりと外れがわかるようになるので、当選番号の確認が容易になります。
また紙媒体だと資源の無駄遣いにもなり、エコではありません。
デジタル化されればエコに貢献できて地球の環境を保護することにも繋がるので、むしろ宝くじを発行している団体はeラーニング研究所を見習い、早急に紙をやめるべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です