タイのマルチ商法とフォルスクラブのタイ進出

・タイで起きた仮想通貨マルチ商法詐欺

仮想通貨は上手に利用すれば投資にも利用出来るということで、フォルスクラブが大流行中の日本でも注目されていたことがあります。それはタイでも同様で、実際に投資家に対して週当たり8%のリターンを確約する形となっていました。インターネットはフォルスクラブなどの勉強をするツールを利用することもできますが、実際にはこうした投資にも利用できるようになっています。ただ、投資をするためには費用が必要ですが、その投資資金をあげるために私有地や自動車などを売却させられてしまうということがタイで発生していました。

・理論上は儲かるがだれでも儲かるわけではない

実際に仮想通貨を利用した投資に関しては、理論上は儲かる形となっています。しかしだれでも儲かるというわけではないし、何より甘い言葉には十分注意しなければなりません。マルチ商法なども儲かるということでいろいろと甘い言葉が囁かれ、判断能力が鈍ってしまうとその口車に乗ってしまうことになります。しっかりと知識を得ていること、そして絶対に安全な投資というのはないというのをしっかりと理解しておく必要があります。

・仮想通貨の世界と詐欺

実は、タイだけでなくいろいろな国で、仮想通貨の世界でのマルチ商法などをはじめとする詐欺は蔓延っている状態です。特に2017年頃はその傾向が顕著で、仮想通貨に対して多くの人が注目を集めている状態でした。まるで簡単にお金を生み出すようなビジネスとしてマルチ商法のように参加者を募る形は、いろいろなところで行われていたのです。インターネット自体はフォルスクラブを利用して勉強できるなどの便利なツールにもなっていますが、正しく利用しないとトラブルに巻き込まれてしまう可能性も十分でてきます。しっかりと知識を持って、正しく利用するようにしましょう。

・タイへの進出とフォルスクラブ

日本で人気のあるサービスというのは、次第に日本だけでなく東南アジアの諸国に進出していくことも少なくありません。タイもその一つの進出先として人気がある国です。ただフォルスクラブに関して言えば、他のサービスと同様にタイに進出する可能性もないわけではありません。しかしフォルスクラブが、仮想通貨マルチ商法詐欺が流行っているタイに積極的に進出するとはなかなか考えられないとも言えます。やはりフォルスクラブも安全な運営ができるというのが、非常に重要なことだと言えるでしょう。つまり、仮想通貨マルチ商法詐欺の被害にあってしまうとか、それに巻き込まれてしまう可能性はかなり低いかもしれませんが、フォルスクラブとしてはそうしたマルチ商法などと結び付けられてしまうのはできるだけ避けたいと考えるはずです。したがって、タイなどに進出する日本のサービスは少なくありませんが、フォルスクラブに関しては仮想通貨マルチ商法詐欺が流行っているということから、あまりタイへの進出は乗り気ではないだろうと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です