当てにならない権利収入よりもフォルスクラブを

◆ユビキタス社会では権利収入は当てにならない

ユビキタス社会とはフォルスクラブのようにいつでもどこでも簡単に情報を手に入れることができる便利な時代のことですが、それは同時に情報格差が少なくなる時代でもあります。
誰もが同じ立場になることができるので、情報を持っている優位性に乏しくなることになるわけです。
情報を持つ優位性が薄れると、権利収入のように他の人が知らない役立つ情報を持っている人が儲る仕組みというのが難しくなります。
ユビキタス社会では権利収入を得ようと躍起になるよりも、フォルスクラブを利用して確かなスキルを磨いたほうが確実に自分の役に立つというわけです。

◆みんなが知っていれば権利収入は得られない

他の人が知らない有意義が情報を相手に提供をして権利収入を得ようとしたとしても、ユビキタス社会ではその情報を誰もが簡単に手に入れることができます。
そのため、権利収入を得ようとしたところで相手もそのことは知っていますし、進めたところで自分で情報を検索して仕組みを勉強することでしょうから、なかなか相手から勧められてそれを試すということがなくなってしまいます。
フォルスクラブのように有用なサービスを口コミで知って、利用をするということはありえても、権利収入が得られるビジネスに乗っかってくれる人は少なくなります。
結果的には権利収入を得ることができる可能性は極めて小さいものとなり、当てになりませんから、権利収入よりもフォルスクラブを利用するほうが有意義というわけです。

◆フォルスクラブで得た知識は一生の財産に

権利収入は仮に一時的に収入があったとしても、それが未来永劫続くようなものではありません。
ユビキタス社会では、あっという間に収入もなくなり当てにならない存在です。
それに対してフォルスクラブで得た知識というのは、一生の財産になりあらゆる場面で役に立ってくれることでしょう。
知識は例えユビキタス社会であっても貴重なものであることは変わりなく、いつでもすぐに情報が得られる時代であっても知識を身に着けている人の価値というのは高いものです。
むしろ、ユビキタス社会だからこそ確かなスキルや知識をもった人が重宝されますから、フォルスクラブもそれだけ価値があるということになります。

◆フォルスクラブで自分に投資をしたほうが有益

権利収入を得ようと躍起になっても収入を得ることは難しく、くたびれ損の骨折り儲けになってしまうのが関の山です。
それに対してフォルスクラブであれば、役立つスキルを磨くことができたほうが余程有益です。
フォルスクラブ単体で見れば利用料が発生して収入が得られるものではないのでマイナスに見えますが、スキルを有効活用して得られるものというのは無限大です。
そして、それはいつまでも続くものでありますから、自分に対する投資こそが永久に得られるユビキタス社会の権利収入と言っても良いでしょう。
何時の時代も自分に投資をするのが、もっとも将来性のある投資になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です