利息という名の権利収入で払いたいフォルスクラブの料金

低金利時代に利息だけでフォルスクラブの料金は支払えるのか

高金利だった時代は、銀行に十分な預金をしていれば利息だけで生活できるとされ、まるで権利収入を得ているようなものです。
しかし現在は、超が付くほどの低金利時代になりました。
一部では銀行に預金をすると利息を受け取れるのではなく、反対に手数料を払う必要がある時代がいずれやってくるのではと言われるほどです。
利息という権利収入だけで生活しようと思ったら、多額の預金をして慎ましく生活しなければいけません。
こう考えると低金利時代の現代では、フォルスクラブの年間料金を権利収入の利息だけで支払うのは難しいと考えられるでしょう。

フォルスクラブの料金を利息だけで払う方法

現実的なことを考えていても悲しくなるだけなので、実際にフォルスクラブの年間料金を利息だけで払える方法を考えてみましょう。
まずフォルスクラブの年間料金は、79,200円です。
つまり年間79,200円の権利収入を利息から得られれば、十分可能と考えられるでしょう。
次に考えておきたいのは、銀行に預けたときに受け取れる利息の利率です。
あまりにも利率が低すぎると預金する金額が膨大になってしまうので、少し現実離れしますが無理なく預金できる金額で権利収入になるぐらいが良いでしょう。
ですから仮定とする利率は、年間8%ぐらいが良いかもしれません。
8という数字は末広がりで昔から日本では縁起が良いとされているので、景気が良い話をするならピッタリの数字です。

忘れてはいけない金利にもかかる所得税

何かの収入を得たときには、所得税を支払わなければいけません。
権利収入を得たときにも所得税は発生しますし、銀行から受け取る利息にも悲しいかな所得税はかかります。
所得税に対してはいろいろと言いたいことがある人もいると思いますが、現在の制度上では仕方がありません。
所得税を引き去られることを考えつつ、フォルスクラブの年間料金を利息だけで支払う方法を考える必要があります。
金利にかかる所得税は、20.135%です。
税金について詳しくないと正確な数値までわからないかもしれませんが、フォルスクラブの年間料金を利息だけで払いたいなら、所得税の利率ぐらいは調べておきましょう。

本当にフォルスクラブの年間料金は利息だけで払えるのか

年率が8%、所得税を20.135%と仮定し計算すれば、フォルスクラブの年間料金である79,200円を利息という名の権利収入で稼ぎ出すためには、1,239,592円の預金が必要と計算されました。
約120万円ほど銀行に預金しておけば、権利収入のように受け取れる利息が所得税を引かれても約8万円ほどになるので、フォルスクラブの年間料金も払えるようになるでしょう。
このぐらいの金額なら、余裕のある働き盛りなら無理なく預金できる金額と言えるのではないでしょうか。
問題は銀行の年率が8%もないことなので、早く低金利時代を脱しバブルのような高金利になることを望むばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です