ビットコインで大混乱?フォルスクラブは大丈夫?

有名人のツイッター乗っ取りでビットコインが奪われた?

フォルスクラブが最盛期を迎える少し前に、有名人のツイッターが乗っ取られてビットコインが送金されたことが話題になりました。ツイッターが乗っ取られてなぜビットコインが送金されるのかと多くの人は疑問に思うでしょう。まずは簡単にその手口を解説したいと思います。有名人のアカウントにはたくさんのフォロワーがいます。なによりも、有名人は信用があるということが大きいです。有名人が「30分以内に私のビットコインアドレスに送金してくれたら、2倍にして返します」とつぶやきました。それを信じてたくさんの人がビットコインを送金しました。この手口で大量のビットコインが奪われたそうです。

ビットコインの弱点とは?フォルスクラブは大丈夫?

このツイッター乗っ取りによって、ビットコインの新たな弱点が浮上したそうです。それは、アドレスがだれのものかわからないという点です。ビットコインの匿名性はメリットでもありますが、このような手口で利用されることもあります。

その点、フォルスクラブは仮にアカウントが乗っ取られてもそこまで深刻にはならないですよ。フォルスクラブのアカウントにはメール機能すらついていないからです。ツイッターのように誰かに話しかけることはできません。一応発信する機能は「ふぉるぱ」くらいですが、「ふぉるぱ」を利用して悪質な手口を行うことはできないでしょう。

有名人でもなければ狙われることもない?

ツイッター乗っ取りでは政治家や大企業の経営者が狙われました。お金を持っていて、社会的な信用がある人です。そのような人が「30分以内に私のビットコインアドレスに送金してくれたら、2倍にして返します」などとつぶやいたので、多くの人が信用したわけですね。このような手口は、社会的信用がある人でなければ使えません。よって、有名人でもなければ狙われる可能性は低いでしょう。ハッカーは誰もかれもターゲットにしているわけではないそうです。警察に捕まるリスクもあるので、メリットがある相手でなければターゲットにしないと言われています。フォルスクラブのアカウントを乗っ取ってもあまり意味がないので、基本的には大丈夫でしょう。

フォルスクラブは家族5人までIDを発行できる。

フォルスクラブは家族みんなで使えるサービスです。家族5人までIDを発行できます。子供もIDを持つことができるので、IDの管理はしっかりとしておかなければなりません。子供がうっかりIDやパスワードをだれかに話してしまわないか心配するでしょう。その点についても、フォルスクラブは仮にアカウントを乗っ取られても損失があまりないように設計されているので大丈夫ですよ。もちろん、個人情報があるのでしっかりとID・パスワードを管理するべきです。もしもだれかに知られても損失が小さいように設計されているので、2重の意味で安心できます。なにか不安なことがあったらフォルスクラブに相談してみてください。フリーダイヤルなので電話料金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です