詐欺まがいの商品とは違うeラーニング研究所

●eラーニングは詐欺まがいが多いのは事実
eラーニングは新時代の学習の一つであり、従来の方法と異なり非常に優秀なものです。
ところがインターネットが普及しはじめの頃に、詐欺まがいのものが多数出てしまったことから、印象として詐欺だと思っている人も少なくありません。
また、通信教育自体は古くから詐欺まがいの商売に悪用されているケースが多く、その流れもあって怪しいと感じている人は多くいます。
現在でも詐欺まがいの商売をしている企業は決して少なくないのですが、中にはeラーニング研究所のように真摯に多くの人に教育を提供したいと考えている企業が存在しているのも事実です。

 

●eラーニング研究所は多くの人に学習の機会を提供している
eラーニング研究所はeラーニングを通じて、多くの人に学習の機会を提供しようとしている企業です。
慈善団体ではありませんから企業の利益のためにサービスを提供しているのは間違いありませんが、それだけではなく社会に貢献をする意識を持ってサービスを提供しているのが詐欺まがいの商売をしている他社と違うところです。
実際、eラーニング研究所は営利目的だけでなく慈善活動として、学習の機会の是正をするために児童施設にeラーニングの学習システムを既存するといった活動も行っていて、利益のためだけに活動をしているのではないということが伺えます。
これもすべてeラーニング研究所は、多くの人にレベルの高い学習をしてもらいたいという思いから来ているものなのです。

 

●eラーニング研究所の家族で学べるフォルスクラブ
eラーニング研究所で提供しているサービスの中で特に魅力的なものが、フォルスクラブと呼ばれるものです。
これは詐欺まがいの商品とは違って、低料金で利用をすることができ、しかも家族全員で共有できるところが魅力です。
詐欺まがいの商品は一つの家庭に家族分の商品を売りつけようとしますが、フォルスクラブではそのようなことはなく、ひとつのアカウントで家族5人が利用できるようになっているのです。
そして、コンテンツが豊富に用意されていて幼児向けのものもあれば、大人が勉強するためのレベルの高い教材まで用意されていて家族揃って高度な学習ができます。

 

●様々な場所で活動をしているeラーニング研究所
様々な場所で多岐にわたる活動をしているというのもeラーニング研究所の特徴であり、メディアにも取り上げられる注目度の高さが魅力と言えます。
近年、特に重要性がましているSNSですがeラーニング研究所はここにも参入をしていて、Facebookで公式のページを持っていたり、あるいは今の日本の社会で問題となっている介護の現場でも活躍をしています。
そのような多岐にわたる活動が認められて、読売新聞や日本経済新聞といった日本を代表する新聞紙上にもその名前が掲載されるようになり、それだけではなく日経MJや女性セブンなどの雑誌でも取り上げられるほどの存在となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です