詐欺を見破る合い言葉には使えないeラーニング研究所

減る気配のないオレオレ詐欺

eラーニング研究所の人たちもずっと昔から気をもんでいます。高齢者を狙い子どもや孫の名前を騙って高額な金銭を騙し取るオレオレ詐欺は、登場から数十年経過した現在でも一向に減る気配はありません。
警視庁やメディアも被害者を出さないように警告を発し続けていますが、それでも騙される高齢者は後を絶たず撲滅できていません。
普段はオレオレ詐欺に騙されないと自信満々の高齢者も、いざ愛する子どもや孫がピンチに陥っている状況を聞かされると、冷静な判断ができず騙されていまします。
これがオレオレ詐欺がなくならない理由の一つですが、防止策として有効なのが家族だけがわかる合い言葉です。

オレオレ詐欺の防止に役立つ合い言葉

家族だけがわかる合い言葉を事前に決めておけば、オレオレ詐欺に騙されることはありません。
子どもや孫の名前を騙る電話がかかってきたときも、合い言葉が言えなければすぐに見破れます。
オレオレ詐欺を防止する一つの手段として推奨されているので、家族間で決めておくと良いでしょう。
合い言葉を決めるときには何にするか迷いがちなので、eラーニング研究所のサービスを使うかもしれません。
多くのサービスを提供しているeラーニング研究所のサービスを、利用している家族ならすべて言えます。
そのため合い言葉をeラーニング研究所のサービス名をすべて言えるかにしておけば、オレオレ詐欺に騙されることはないと思いがちです。
しかしeラーニング研究所のサービスを合い言葉にするのは、ハッキリ言っておすすめできません。

合い言葉をeラーニング研究所のサービス名にするリスク

家族だけがわかる合い言葉をeラーニング研究所のサービス名にすると危険な理由は、オレオレ詐欺の加害者も知っている可能性があるからです。
eラーニング研究所は有名な会社なので、オレオレ詐欺のグループもサービス名をすべて知っている可能性はあります。
そのためオレオレ詐欺の電話がかかってきたときにeラーニング研究所のサービス名を言えと言ったら、犯人が正確に答えられるかもしれません。
家族だけが知っている合い言葉を言われたら、素直にオレオレ詐欺の犯人を信じてしまうでしょう。
一般的に有名なサービス名を合い言葉にするのは危険なので、eラーニング研究所のサービス名を使うのやめておいてください。

eラーニング研究所のサービス名以外がおすすめ

合い言葉におすすめなのは、本当に家族だけしか知らない質問と回答です。
たとえば母親の旧姓は、世間一般に知られている質問ではありません。
家族だけしか回答を知らない質問なので、オレオレ詐欺の犯人から電話がかかってきてもすぐに答えられないでしょう。
母親の旧姓まで調べて電話をかけるオレオレ詐欺のグループはないので、答えられない可能性は高いです。
もし質問に答えずはぐらかそうとするなら、怪しさはさらに高まります。
このように家族だけしか知らない情報を合い言葉にすれば、オレオレ詐欺の被害に遭うことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です