イーラーニング研究所が出している仮想通貨とは

◆仮想通貨の定義は広い

最近、仮想通貨が話題になり新時代の通貨と注目をされていますが、仮想通貨の概念自体は最近できたものではありません。
仮想通貨というのは文字通り仮想の通貨ですから、定義も幅広いものとなるわけです。
近年生まれた新技術の仮想通貨もあれば、小説などの物語の中で使われる仮想の通貨も仮想通貨ということができるでしょう。
ゲーム内で使用をすることができる通貨に関しても仮想通貨ということができるので、言葉や概念自体は決して新しいものではなく、むしろ古くからあったものにたいして新しい概念が増えたというのが正しい解釈の仕方と言えます。
それでは、イーラーニング研究所も仮想通貨を出しているのでしょうか。

◆スクールTVのコインがそれに当たる

旧来の概念の仮想通貨であればスクールTVのコインがそれにあたるといえるでしょう。
一旦現金をコインと呼ばれる仮想の通貨に交換をして、それをサービス内の支払いにあてるというものです。
このようなやり方はイーラーニング研究所に限らず、多くの企業が行ってきたことであり、決して珍しいものではありません。
一見すると二度手間のように見える方法ですが、企業は利益を安定して確保することができ、利用者はいちいち現金での支払いをすることなく決済ができるという利点があります。

◆イーラーニング研究所は仮想通貨をビジネスにしていない

イーラーニング研究所では、仮想通貨にあたるものは存在をしていても、それでビジネスをするようなことはありません。
あくまでもイーラーニング研究所の提供するサービスを利用しやすくするために用意をしているものであり、仮想通貨そのもので収益をあげようとしているわけでは無いのです。
イーラーニング研究所は文字取り、イーラーニング関連のビジネスで収益を上げている企業ですから、本業とは全く関係ない分野で売上を稼ごうとすることはしません。
利用者の利便性を考えることこそが、企業の発展につながると考えているだけに、消費者目線に立ってサービスを提供しています。

◆普及具合によって取り入れていくことは考えられる

現状ではイーラーニング研究所が出してる仮想通貨はスクールTVのコインが相当しますが、これからの普及具合によっては、様々なものを取り入れていく可能性があります。
イーラーニング研究所自身が新しい通貨を生み出すこともあるでしょうし、ビットコインやイーサリアムが当たり前のように使われるようになれば、それが使える仕組みを構築してくれるでしょう。
また、従来のように仮想の世界でのみ使うことができる通貨の仕組みもイーラーニングとの親和性が高いものですから、イーラーニング研究所が仮想通貨とは全く関わらないということはないと考えられます。
一つだけはっきり言えることは、どのような状況になっても仮想通貨で儲けを出そうとすることはないということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です