フォルスクラブを詐欺に利用しても効果がない理由

フォルスクラブの入会は偽名を利用することで二重に契約することができる可能性もありますが、実際にこれは本人にとって利益を与えるものではありません。世の中には様々な詐欺が存在していますが、その目的は自分自身が本来得ることができない様々な利益を得ることにあります。クレジットカードを偽名で偽造したり、また借金などを本来の条件とは異なる条件と偽って契約したりなど、様々な目的で利用されることが多いものです。

・eラーニングは自分自身が学習しなければ意味がない

フォルスクラブが提供するサービスは基本的にはインターネットを利用したeラーニングであり、金銭的な利益を得ることができるようなものではありません。そのため偽名を使って二重に契約しても、それだけ本人が学習する内容が増えるだけであり、学習効果を上げることができないため無意味なものとなります。詐欺を行っても成績が上がると言うものではなく、本人の努力に依存しているのがポイントです。詐欺を行うのではなく、自分自身でより多くの学習をする方が効果が上がる仕組みとなっています。

・フォルスクラブには紹介制度が設けられていません

詐欺を行ってフォルスクラブを二重に契約しようとする人のほとんどは、紹介者制度があるものと思い込みこれを利用してリベートを数多く得たいと考えている人が多いものです。しかしフォルスクラブには他人に紹介をしてもその本人にリベートが与えられると言う事はなく、これによって利益を得ることができない仕組みとなっています。詐欺を行って2つの契約者名を持った場合でも、そのメリットは全くありません。

・すべての会員は同じ料金でサービスを受けることができます

フォルスクラブではすべての会員はサービスを利用する場合に同じ料金で利用することになっており、特定の人物だけが安く利用することができるものではありません。詐欺を行って契約をする人の多くは、自分の条件をより良くしようとすることが多いのですが、フォルスクラブではその違いが全くないためこれが無意味な行為となります。詐欺で2つの契約を獲得しても、金銭的には全く無意味なものとなっているのです。逆に詐欺を行って偽名で契約をしても、単純に2つの契約が存在しこれに対して回避を二重に支払わなければならないことから、デメリットばかりが生まれることになります。

・サービスは本人のスキルに合わせて提供されます

フォルスクラブのサービスは本人のスキルに合わせて提供されるものとなっていますが、これは実際にはeラーニングで行われる学習成果の確認やその他のカリキュラムの中で判断されるものであり、そのため詐欺を働いて偽った条件で契約をしても、その条件が向上する事は無いのが特徴です。実際に学習をするのは本人であり、その成果確認の中では二重に契約をしても結果が変わるものではありません。そのため偽名などの詐欺をすることによって得られるメリットはなく、その労力が無駄になってしまうと言うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。