株式会社イーラーニング研究所が紹介するプログラミング本

株式会社イーラーニング研究所は書籍紹介で
「小学校にプログラミングがやってきた! 超入門編」というものを紹介しています。
今やプログラミングは、小学校で習う時代だとねずみ王子はとても驚いています。

ちょっとねずみ王子の実年齢がバレそうな発言をしますが、
ねずみ王子は学校でほとんどパソコンについて学びませんでした。
ねずみ王子の一個下の学年からは、学校の科目で「情報」が追加され、
そこでパソコンのアレコレを学んだと聞きました。
聞いただけになりますので、実際にどんなことをやっていたかは分かりません。
美術や音楽、家庭家、体育と同様な位置づけで、情報の授業を行っていたようです。

株式会社イーラーニング研究所はIT系の製品を開発する企業なので、
この会社で働くにはプログラミング技術は欠かせません。
しかし、日本の企業すべてでプログラミング技術が必要かと言えば、そうでないのが実情です。
おそらく、IT系の開発職にでも勤めない限りは、プログラミング技術は不要と言えます。
営業職でもパソコンに触りますが、契約書の作り方や、
メールの書き方さえマスターすれば大丈夫です。
エクセルのマクロを自在に使いこなせれば、業務として支障は出ないと思います。

小学校でプログラミング技術を学ばせるとしても、
その全員をシステムエンジニアにする訳ではありません。
もしかしたら「こういった概念があるよ」と教えるだけかもしれません。
プログラミングの難しさは、実際にやらせないと絶対に分からないものです。
小学校でプログラミングに慣れれば、
大人になってパソコンが苦手になるのを防げると思いますよ。
プログラミングに興味のある方は、
株式会社イーラーニング研究所が紹介しているこの本を読んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。