今話題のフォルスクラブの評判とは?

自宅にいながら、学習できるe-ラーニングという学習方法は今や若い世代を中心にその需要を拡大してきています。
教材とタブレットがあれば、いつでも好きな時間に学ぶことができるので、忙しい現代人のニーズにバッチリハマっているのかもしれませんね。
その中でも特に評判を集めているのが、福士蒼汰さんをコマーシャルに起用している「フォルスクラブ」です。
福士蒼汰さんといえば、映画のレセプションパーティなどでも、その流暢な英語でコメントをしていて、その英語力に定評がありますよね。
福士蒼汰さんと同じ教材で学べるのであればと、それを機会に語学学習に取り組む女子もいるかもしれませんね。


実際に、フォルスクラブ教材のラインナップは非常に幅広く、就学前の幼児むけ教材をはじめとして、学年別に子供たちの学習をフォローしていくシステムになっているので、利用者の評判は良いようです。
動画での講義なども合わせて利用することで、学習理解を深め、知識の定着を図っている点でも、安心と言えますし、
子供向けだけでなく、実用英語やキャリアアップのための資格試験補助講座などもあり、内容はかなり充実しているといえそうです。
また、ロールプレイングゲームや恋愛ストーリーを英会話力アップのための教材に使うなど、フォルスクラブ独自のユニークな取り組みもなかなかの評判のようです。
学校や仕事などなかなか時間が取れない人も、自分の好きな時間を利用して、学習できるので、途中で挫折することもなく、長期にわたって続けられるというのも大きなメリットと言えそうです。
学習メソッド、教材の充実、アフターフォローなどの活動内容としては、評判の良いフォルスクラブですが、一方でマルチ商法というような怪しげな噂もちらほら聞かれます。


その要因とされているのが、フォルスクラブが導入している「商品の販売権利」というもののようです。
フォルスクラブでは、一般の人に、フォルスクラブの商品を販売拡充する権利を30数万円で販売しているのです。
権利を取得した人は、教材を販売するごとに、数万円のマージンを手に入れることができるというシステムです。
販売数が多ければ多いほど、シェアリングボーナスなるものが与えられるのですが、この額が結構すごいみたいです。
そのため、フォルスクラブはマルチ商法的な販売方法をしているのではないかという評判が立っているのですね。
売れば売るほど、自分の懐に利益が入るという美味しい話に乗って、高額の販売権利を買った上に、いくら売ってもシェアリングボーナスは支払われず、元金を取り戻せないという被害も続出しているという話もあり、フォルスクラブには黒い評判も決して少なくはないのです。


うまい話につきものな落とし穴ですが、一方で、口コミなどの評判がいいのでついつい信じてしまう人も多いようですね。
過去にマルチ商法で問題になった企業のように、摘発の対象にならなければいいのですが、かなり不安要素の多い企業と言えそうです。フォルクスクラブの評判につられて、福士蒼汰さんの人気にも陰りが出ないことを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です