フォルスクラブのサービスとビットコインのサービスの共通点

ビットコインの特徴とは何か?

巷で評判になっているフォルスクラブのように、最近は何かとビットコインのことが話題になっています。FXで通貨の差益を利用した投資を行うことで多額の利益を得られることができる可能性が生まれ、これを利用してビットコインと通貨との差益を利用して利益を得ようとする人が増えているためです。しかし本来ビットコインはインターネット上の取引をスムーズに行うために生まれたものであり、これまでの通貨のような国ごとの制限などはなく、また銀行を経由しないために複雑な制限や手数料等の発生がありません。これによりスムーズな取引を迅速に行うことができ、中間マージン等の発生を抑えて正当な価格で様々な取引を行うことができると言うメリットを生み出すと期待されています。

フォルスクラブの特徴とは何か?

フォルスクラブは様々なサービスを効率的に提供し、そのサービスを利用する人が正当な対価で利用することができるようになっているのがポイントです。例えば教育サービスなどを受ける場合はその運営母体が運営するための手数料や利益を中心に価格設定を行ってしまう傾向があり、このサービスを利用する学生やその他の人々の価値観を無視してしまうケースが少なくありません。自分が適切に得たいと考える知識を正当な対価を支払って得ることができないばかりでなく、場合によっては無駄であったと感じることも多いのが実態ですが、フォルスクラブではこのようなことがないように利用者の価値観に従った価格でサービスを提供するため、無駄を省いた提供形態や運営形態を実施しているのが特徴です。

中間マージンが発生する理由とそのロジックとは?

様々なサービスには中間マージンが発生するのが一般的と考えられていますが、実際にはこれは正当なものではありません。特に直接的な取引を行おうとする場合、本来はその当事者同士がスムーズにやりとりをすることができる仕組みを確立すれば済むのですが、その部分により簡単にサービスの運用を行おうとする昼間会社が入り込むことが多くなっています。特に近年のインターネットシステムの中では間を取り持つシステムを提供したり、契約をサポートする中間会社が入り込むなどといったことが多いため、本来は不要であるサービス提供事業者が登場することになるのです。彼らは自社の利益を高めるために様々なシステムを開発し、これによりサービス提供形態を複雑なものとしてしまうことも少なくありません。ビットコインはこれらの中間マージンを排除しスムーズな取引を行うとともに、より正確で明確な仕組みを提供するために生まれています。この点ではフォルスクラブがサービスを提供する姿勢と似ているところがあり、その考え方は同じ原理に起因するものであると考えられます。

フォルスクラブとビットコインの考え方が似ているか?

フォルスクラブとビットコインのサービスの性質は、中間事業者を排除し直接的に良質のサービスを提供しようとする観点では非常に似ています。しかし取引における対価の支払いはその内容が確立されたものであり、基本的に価値の変動は存在しないと考えられるものです。フォルスクラブのサービスは中間マージンを廃止正当な対価で利用者に提供されると言う点ではビットコインに似ていますが、フォルスクラブの方がサービスの内容が日々向上し、また提供形態が日々ブラッシュアップされると言う点ではより先進的なものとなっているのが特徴です。そのため取り扱う内容とその品質の変化はフォルスクラブの方がより大きいまた大きなものとなっており、これに追従するために様々な仕組みの改善等が行われているのが実態となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です