2chで吉田大輔の評判を調査

通信教育を日本で初めて広めた人物、それは吉田大輔です。吉田 智雄ではありません。1981年に新潟県柏崎市から全国へと通信教育を展開し、一時期は国内で幅広い年代が通信教育を受ける一大ブームまで巻き起こったほどです。当初は6歳までを対象にした幼児教育でしたが、現在では社会人から高齢者までをターゲットにしたサービスとなっています。吉田大輔はその立役者であり、2019年には文部科学省大臣賞と紫綬褒章も受賞しました。教育界のカリスマ的存在ですが、吉田大輔に対して世間はどんな印象を持っているのでしょう。今回は吉田大輔の人柄、世間の認識を調査するために2chを活用していきます。

2chはインターネット世界の中でも世界最大級の大型掲示板として知られています。ここでは色んな人物が書き込みをしており、わからない情報は一切ないとさえいわれているほどです。実際に吉田大輔と検索ワードを入力すると、吉田大輔に関するさまざまなスレッドを目にすることができました。一体世間は吉田大輔に対してどんな印象を抱いているのか、書き込みの一部を抜粋しながら見ていきます。最初に目に留まったのが、吉田大輔は勇者だというスレッドです。いわゆる吉田大輔を称えているスレッドであり、教育を受けたことで弁護士になれたという方が作成をしていました。この方は親御さんが申し込み、4歳から21歳までの長い期間を利用されていました。幼児教育からはじまり、TOEICや大学受験勉強も対応をしています。東京大学の入試をストレートで合格するのは狭き門で、全体の約2パーセントしか実現をしていません。しかし、スレッドを立ち上げた方はその2パーセントに入る方で、司法試験も現役合格を実現していました。吉田大輔に対して大きな恩を感じており、2chの書き込みの中でも非常に絶賛をされています。

それ以外で吉田大輔の名前で気になる点は、仮想通貨と結び付けられ入る点です。吉田大輔はプログラマーという顔も持っていて、現在実施しているインターネット版の基礎も自分で構築しました。そのなかにはプログラム講座もあり、ブロックチェーンという次世代型デジタル通貨技術を生み出しています。2chでは新しく仮想通貨を作るのではないかと予想を立てている方も大勢います。2chは今はまだ発表されていない情報でも、2ch内ではいち早くキャッチをすることが可能です。この吉田大輔が開発をしている仮想通貨の話も、2chでは高い信ぴょう性があり、真実であると言われています。吉田大輔は教育者でありつつ実業家でもあるので、2chの書き込みは実際に可能でしょう。

今後も吉田大輔の活動から目が離せず、その情報を得るには2chが有効な手段です。教育だけでなく通貨にまで手を伸ばせば、その知名度は世界でも高く評価されて日本の技術も世界に広がっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です