フォルスクラブと香港市場との関係

「フォルスクラブとは」

フォルスクラブは、24時間365日いつでもどこでも誰もが学習ができるように作られたeラーニングの教材を提供しているところです。地域や経済的な理由で塾に行けない子どもたちでも勉強ができるように安価で提供し、教育の格差をなくすことを目的に立ち上げられました。「教育の水道哲学」という理念をもとに、英会話を主として幼児から大人までが利用できる学習システムを提供していて、1つの入会金と月会費で家族5名まで利用できます。

「フォルスクラブが提供するするサービス」

まずは幼児に向けての教材ですが、「幼児向け音感育脳システム」というタブレット向けの教材があります。音楽とゲームと劇作を活用して五感を刺激し創造力をやしないためのもので、家族と一緒に学習することとによってさらに自発的な学習意欲を育てることもできます。スマホとタブレット用の英会話は小学生向けと女性向け、男性向けのものがあり小学生向けはローリングゲーム系に仕上がっていて、男性女性向けはそれぞれ恋愛体験のストーリー仕立てで英会話が学べます。他に高校生向けのeラーニングや大学受験講座、学ぶことと教えることが両方できる新感覚のサイトや日本のことば辞典なども用意されています。

「フォルスクラブと香港」

子供向け、大人向けなど英会話を楽しみながら学べるフォルスクラブの教材は香港でも人気です。香港では大部分の人が広東語を話していて英語や中国語の標準語を話せる人も多いです。学校教育では広東語と中国語そして英語の3か国語を話せるように指導しているので、若い人たちの中には3か国語を話せる人が多くなってきています。日本の学校でもグローバルな社会に向けて英会話ができるように小学校から英語が必須になりました。そのためフォルスクラブの教材があれば、ゲーム感覚で楽しみながら子どもたちが自然に英会話を理解できるようになるのです。香港市場でも同じように楽しく英会話が学べるフォルスクラブの教材は人気で、しかも安価で学べるので香港市場も拡大されています。大人の場合でも恋愛ストーリー仕立てで楽しく覚えられるので、大人にも人気があり香港市場はどんどん広がることが期待されています。

「香港市場でもフォルスクラブはプレイできる?」

香港では広東料理が主に食べられていて、香港市場でも広東料理の店がたくさんあります。広東料理は中国南部や香港の料理で、薄味で多くの食材が使われているのが特徴です。例えばしゅうまいやチャーハン、餃子などが広東料理ですが、麺類は汁なしかワンタンメンがほとんどです。お茶を飲みながら点心をつまんで食べる飲茶やエッグタルトなども有名です。香港市場でこれらの料理を食べる場合、店に入れば箸やレンゲなどを使うので手が油で汚れることはありませんが、香港市場の屋台で買って食べ歩きをする際は手が汚れる可能性もあるので、スマホやタブレットを触るときは手を拭いたり洗ったりすることが勧められます。麺類を食べながらフォルスクラブをすると麺のつゆが画面に飛ぶ可能性がありますが、香港市場の場合は広東料理で汁なし麺がほとんどなので、口に吸い込ませるときに気を付ければそれほど汁が飛ぶことがないので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です