香港市場の商業活動はフォルスクラブで理解できるか

●香港市場における市場の意味とは

香港市場とは中国南部に位置する世界有数の市場規模を誇るマーケットのことです。近年では米中対立や一国二制度の形骸化などの影響で政治的混迷に直面しつつありますが、香港市場が依然としてアジア有数のマーケットであることの位置づけは変わってません。そんな香港市場の意味を改めて考えていると、港湾と市場の二つの意義を有していることが推測することが出来ます。

●港湾と市場の複合都市という意味

元来「港湾」とは、旅客の昇降や積荷の積み下ろしをする場所を意味していました。そして「市場」(マーケット)とは、人が集まり商業活動を営む場所を指します。外国から輸送されてきた積荷も、観光やビジネスで移動してきた人々にとっても、それから先の観光地やマーケットにアクセスする手段が別に必要であればそれはそれで面倒なことです。
港湾と市場が近接した距離にあれば、人とモノの流れは集中することになり、当然経済活動が活発になることが予想されます。つまり香港市場がアジアはもちろん、世界有数の金融センターで発展を遂げたのは必然的な流れの中にあったと評価することができるでしょう。
フォルスクラブが現在ほどの普及を見るに至ったのも、インターネットに代表される通信手段の劇的な改善と普及がみられたことに密接な関係があります。フォルスクラブの発展と普及は、香港市場のこれまでの歴史とも平仄を合わせたと見る向きがあったとしても不自然なことではありません。

●不動産ではオークションという選択肢もある

フォルスクラブではコンテンツを受け取るという形でモノを受け取ります。これに対して香港市場では違った方策でマーケットにアプローチされる手段が実用化されています。そのような取り組みのひとつが不動産オークション市場の発展です。フォルスクラブではいつでも必要なときに、コンテンツを入手することが出来ます。ところがオークションとなると勝手が違って来ます。お目当ての不動産を購入するには、入札して最高額を提示した人であって始めて落札することができるのです。となると落札者以外の入札者は希望の物件を購入することはできません。オークションの建前では当然のことですが、通常の不動産購入のときとは違って競争者にうちかつことが当然の前提になっています。フォルスクラブと違って誰にでもオープンにされているわけではないわけです。

●フォルスクラブで香港市場のメカニズムをどこまで学べるのか

香港市場ではアジア各地から色々な食材から機械類・美術品や工芸品に至るまで色々な品物は流れ込んできます。フォルスクラブでは厳選された内容が提供されている点では異なっています。しかしバラエティーにとんだアイテムの中から本当に自分にとって必要なものはなになのか、この点はフォルスクラブを活用することで身につけることができます。賢明な消費者としての振る舞いを習得する上でもフォルスクラブは役にたつのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です