フォルスクラブが香港市場に上場したい理由

フォルスクラブのサービスを世界に広げたい

フォルスクラブが香港市場に上場したい理由は、これを世界に広げたいと言う理念から来ています。日本国内でこれまで様々な教育サービスを提供してきたこの会社ですが、日本の学習市場では現在様々な会社が非常に厳しい競争を繰り広げており、価格競争が激しくなっている状況です。そのため、フォルスクラブのメニューは必ずしも多くの人に受け入れられるものではなくなってきていると言う面も否めません。その中でより多くの人にその良さを知ってもらいたいと考え、現在世界の中でも文化水準の発展が目覚ましい香港に進出をすることでその良さを多くの人に知ってもらいたいと考えたのがその理由です。

フォルスクラブが求めるeラーニングの理念とは

フォルスクラブが求めるeラーニングの理念は、一人一人が自分の学びたいものをスムーズに学ぶことができる環境を提供することです。これまでも様々なサービスを生み出し多くの人の環境やその目的に合った学習サービスを提供してきたことが特徴のフォルスクラブは、様々な実績を踏まえてこれを充実させてきました。その中には子供向けの教材から様々な特殊な技術を学ぼうとする大人向けの教材まで、非常に幅広い分野の様々な要素があります。その実績を踏まえて新たな香港市場向けのメニューを提供することで、香港の文化をさらに高めることに寄与することが可能であるとともに、日本と香港の結びつきを強くする1つの要素となり得る環境を提供することができるものとなっており、これを実行することがフォルスクラブが求める理念となっています。

フォルスクラブは香港市場に受け入れられるか

フォルスクラブは日本国内で様々な教育サービスを提供し、これが様々な分野で受け入れられてきました。しかし単純にその内容をそのまま香港に持っていっても、適合するかどうかはわからない面があります。日本の多くの教育サービスを提供する会社はそのほとんどが海外進出を行っておらず、その理由に日本と海外との文化の違いをあげていることが多いのですが、進出できない理由の多くは企業のビジネスモデルが海外に教育サービスを提供するための仕組みを持っていないことが大きな要因です。フォルスクラブは現在まで教育サービスを提供しながら顧客の要求に合わせてその形を大きく変え、より受け入れられるものへと変化させてきた実績があります。その実績が香港でも充分通用すると考えられており、これが香港市場に受け入れられると考える要素となっています。

フォルスクラブの香港での活躍は期待できる

フォルスクラブはこれまでも日本国内で様々な教育の問題に正面から向き合い、これを解決してきました。これは単純に教育サービスを提供する面だけにとどまらず、その裏にある文化の理解や、様々なスタイルの変化に柔軟に対応しきめ細かなメニューの提供を行ってきたことが理由です。その実績を踏まえて海外に進出することで、様々な環境の変化に適応しながら現地で受け入れられるきめ細かな内容を提供することができると期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です