フォルスクラブはねずみ講ではない

【フォルスクラブは何をしているのか?】

フォルスクラブはいろいろなことをしているので、特定のことを言うことは出来ません。いろいろな事業を行っていますし、すでに終了したものも多いからです。とにかくお金になりそうなサービスや事業に積極的に取り組むのが特徴と言えます。うまくいくこともあれば、そうでないこともあります。しかし、全体として利益が出ていればいいのです。ビジネスの多角化というのは難しい場合もありますが、失敗した場合のリスクも減らすことが出来るのです。大事なのは見極めで、赤字が続く事業はやめる勇気も必要になると言えます。

【ねずみ講とは何?】

ねずみは一回の出産でたくさんの子供を産みます。そして、一年に何回も妊娠と出産を繰り返します。そのため、ネズミは短期間の間にその数を増やすことが出来るのです。一匹のネズミを見つけたのであれば、すでにかなりの数のネズミがいることになります。それと同じように、ピラミッド型に商品を販売することでねずみの子供が増えるようにして、販売数を増やすのがねずみ講なのです。しかし、実際のところ無限に増やすことが出来ないのでこのビジネスモデルには限界があります。ネズミが無限に増えることがないのと同じです。いずれは限界に達するので企業が生き残るには、他の成長の道を探す必要があるのです。フォルスクラブはねずみ講ではないので、常に様々なビジネスの種を探して成長を目指しています。これまでにもいろいろなサービスを提供しており、中にはすでに終えたものもあります。ねずみ講の理屈を知ることは大事であると言えるでしょう。

【フォルスクラブはねずみ講ではない】

自分で商品を買い取ってから、売る場合リスクが出てきます。もちろん利益率が高い場合、頑張れるかもしれません。売れるならモチベーションが上がることでしょう。しかし、在庫を置くスペースが必要になりますし、最近ではネットショッピングが主流になっています。対面式の販売は難しくなっているのは事実です。しかし、ネットになじめない人もいるのは事実ですから、そのような人にモノを売るという市場は確かに存在します。フォルスクラブがモノを売る場合、そのような需要を取り込んでいると言えます。ねずみ講であるとすれば、持続的な成長は無理ですから会社が大きくなるのは無理です。

【フォルスクラブの今後はどうなるのか?

企業が成長し続けるのは難しいものですが、必ずしも売り上げを伸ばすことが成長とは言えません。売上高は下がっても利益率を伸ばすことは可能です。薄利多売では企業が成長するのは大変です。フォルスクラブがねずみ講で成長するのは無理ですが、様々なアイデアで乗り越えることが可能だと言えます。フォルスクラブは今後も様々な事業を始めることでしょう。そのような中でねずみ講に代わるビジネススタイルも出てくると言えます。それでもビジネスのスタイルはいつもシンプルなものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です