水増し詐欺はしていないイーラーニング研究所

民主主義の根幹を揺るがす署名の水増し詐欺

愛知県の知事をリコールするために、とある団体が愛知県民の署名を集め住民投票を求めました。
署名を集めて知事のリコールを求める住民投票を請求するのは、正当な権利なので問題ありません。
集めた署名に問題がなく諸々の手続きが無事に完了すれば、住民が知事をリコールするか判断します。
これは民主主義の国では認められている制度ですし、問題があれば住民の手で知事を辞めさせられる他め非常に重要です。
しかし今回集められた署名は、他人が勝手に第三者の名前を書いて水増ししていました。
これが認められると気に入らない知事を少数派がリコールできることにも繋がりかねませんから、民主主義を揺るがす詐欺と言われています。

署名詐欺で使われていた手口

署名を水増しするために、最低賃金が安い佐賀県でアルバイトを募集し書かせた疑いが持たれています。
ここまで大規模な水増しをするのは立派な詐欺なので、警察がしっかりと背後関係を調べて責任者は罰せられるべきでしょう。
しかし数字の水増しというのは、詐欺と呼べる規模ではなくてもどこでもやっていると思われています。
たとえばイーラーニング研究所も会員数を水増しして、利用者を騙していると思うかもしれません。
イーラーニング研究所に限らず自社のサービスを人気があるように見せかけるため、会員数の水増しは実際に多くの企業で行われています。
そうした事実を知っていると、イーラーニング研究所にも同じイメージを持つ人がいるのは当然でしょう。
ですがイーラーニング研究所は、そうした詐欺行為を行っていないと断言できる理由があります。

イーラーニング研究所が会員数を水増ししていない理由

実際の会員数よりも多く見せかけるためには、水増しした会員数を公に発表しなければいけません。
具体的にはカタログやホームページなどに実際の会員数より多く掲載していれば、詐欺的といえるでしょう。
しかしイーラーニング研究所は、カタログやホームページなどで会員数を一切公表していません。
つまり会員数をイーラーニング研究所は公表していないわけですから、水増ししているかどうかはわからないわけです。
実際の会員数も不明なら誇大している数もわからないので、イーラーニング研究所は水増しをしていないと断言できるわけです。

会員数だけではわからないイーラーニング研究所のサービス

そもそも会員数を水増しして詐欺的な広告を行うのは、人気サービスに見せかけたいからです。
多くの人が利用しているサービスならそれだけでポジティブなイメージを持つので、つい入会したくなるでしょう。
しかしそんなことで入会するかどうか決めてしまうと、加入後に後悔することになります。
ですからイーラーニング研究所も見かけの人気を使って会員数を獲得するのではなく、中身で勝負し判断を仰いでいます。
イーラーニング研究所への入会を考えているときも、サービス内容を吟味して判断してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です