フォルスクラブは絶対にねずみ講ではありません!

【コロナ禍での救世主の学習システムのフォルスクラブ】

ロックダウンにより塾や予備校に通えなくなってしまった高校生に朗報があります。それは自宅のパソコンから高度な授業や重視対策を受けられる学習システムがあるんです。その学習システムとはフォルスクラブの学習プログラムなのです。入会金11000円、月会費6600円で受験対策や高校の学習の補足が出来るようになってます。大学入試対策講座は一る鵜の行使による予備校さながらの授業を自宅のパソコンを用いて受けることが出来るんです。録画なので何度でも巻き戻してみることや、重要なポイントを反復して閲覧することもできます。ふぉるスターという単語帳の学習コンテンツもあるんです。単語帳は作ること自体も手間暇がかかります。それを簡単にしてくれスマートフォンでいつでも、どこからでも学数することが可能となるんです。高校生向けeーラーニングもおすすめです。教科書モードに単語帳モード、問題集モードの3つの学習モードを自由に切り替えて学習ができるんです。これがあれば場所や時間を問わず学習できるほか、問題集を買う必要もなく経済的に勉強できます。高校生の額数システムばかりが注目されますが、社会人向けや主婦向けの趣味の講座もあります。フォルスクラブの手話講座は生涯学習として幅広い年齢の人に愛されてます。フォルスクラブのお悩みホットラインは日常の介護や健康についての相談をすることも出来るんです。フォルスクラブはパソコンやスマホなどのデバイスで計5名まで月額6600円で使えるので、非常にコストパフォーマンスも良いんです。

【ねずみ講と疑われてしまう、フォルスクラブはねずみ講なのか?】

フォルスクラブは2チャンネルなどでねずみ講といったことが投稿されたり、口コミでもねずみ講との誹謗中傷が見られることがあるのです。本当にフォルスクラブはねずみ講なのか、疑心暗鬼になって学習コンテンツを使うことに二の足を踏んでしまっている人も多いでしょう。しかしフォルスクラブは絶対にねずみ講ではありません。フォルスクラブがねずみ講と誤解されてしまう原因は、フォルスクラブというサービスの同名である株式会社フォルスクラブという会社が千葉県に存在し、そこがMLM事業を展開しているからなんです。その会社とフォルスクラブを間違えて、多くの人がフォルスクラブをねずみ講と誤解しているに過ぎないのです。

【日本の学習の実態について】

感染症対策によって、政府がステイホームを推奨しました。そのことで多くの人が今までのように自由に外出できなくなり、家で過ごさなければならなくなったのです。当然のことながら仕事も学校も気軽に通勤通学できなくなってしまいました。そこで慣れない自宅からのリモートやオンラインでの仕事や授業を余儀なくされてしまったわけなのです。なかでも高校生がオンラインで授業することは、学習の遅れや受験対策が万全にはならず、不安を抱えることとなりました。高校三年生にもなると大学受験目前であり、本当なら予備校や塾にも通学して受験対策を強化したいところです。そして主婦や社会人にとっても、趣味の教室などにも通えず毎日空虚な生活を強いられている人も少なくありません。そうした状況を打破するのにフォルスクラブは一役買っているという訳なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。