ねずみ講ではありません!フォルスクラブの魅力

【現代の教育環境について】

現代は多くの人が自粛生活を強いられています。やることがないのでフォルスクラブがサクサク進みます。ステイホームが政府から叫ばれ、多くの人がお家のシェルターで感染対策をしなければならない時代でもあります。そのことで仕事も勉強も自宅で行う必要があります。パソコンを用いてリモートで仕事や会議をしたり、オンラインで授業することが当たり前になりつつあるんです。今までのように気軽に学校に通ったり、塾や予備校に行って受験対策や勉強の補足をすることも難しくなりました。マックにも通えません。特に受験生の場合、学校の授業はおろか塾や予備校で勉強を強化することが難しくなっていて、あたまを抱える事態となっているのです。でも家庭教師の需要と供給がどうなっているかは不明です。学校の子どもたちと違って家庭教師はコロナに罹らないと思われているのでしょうか?

【フォルスクラブで自宅で受験勉強の強化が出来る!】

塾や予備校に通学できなくても、自宅で万全に受験対策できるものがあるんです。それがフォルスクラブの学習教材なんです。フォルスクラブっていったい何と思われる方も多いでしょう。これはパソコンを介し学習コンテンツであり、誰もが利用できる学習教材なんです。感染症が危惧される時代に最適なコンテンツであり、高校生向け入試対策講座などもあります。特筆すべきはその費用の安さと言えるでしょう。月額6600円で使い放題であるのもうれしい限りです。そしてパソコン一台で家族5名までが使えるのも画期的と言えます。高校生向け入試対策だけではなく、高校生向けイーラーニングなどもあるんです。教科書モード、単語帳モードに問題集モードと変換して自分のペースで学習が出来ます。タブレットやスマートフォンでも対応しているために、通学時間に気軽にスマートフォンを開いてどこででも学習できる優れものだと言えます。受験や高校生向けばかりではありません。社会人や主婦に向けた学習システムもフォルスクラブにはあります。手話講座などは社会人や主婦の方に趣味として活用されてます。そしてフォルスクラブのサポートサービスは、日常に潜む介護や生活、健康のトラブルや悩みの相談を受け付けていて、多くの人に活用されてるんです。月額11000円でこれだけ様々なコンテンツが使える学習システムは、フォルスクラブ以外にないと言えるでしょう。

【ねずみ講?フォルスクラブがねずみ講と誤解される訳】

ねずみ講という言葉をご存じでしょうか?人を紹介して子を増やし、それに比例して親にインセンティブが入るビジネスモデルです。だがねずみ講は親だけが収益を得られ、末端の子は収益を得られないビジネスモデルで、日本では悪いビジネスと解釈されてます。このフォルスクラブもねずみ講なのではないかと、時折誤解されることがあります。だが、フォルスクラブはねずみ講ではありません。ではなぜねずみ講と誤解されるのか、それはフォルスクラブという企業があるからです。言うまでもありませんが、フォルスクラブは株式会社イーラーニング研究所のサービスです。フォルスクラブは企業名ではありません。しかしねずみ講を行っている企業があり、それが株式会社フォルスクラブです。千葉県にあるこの会社のせいで、株式会社イーラーニング研究所のフォルスクラブがねずみ講としまっている訳なのです。イーラーニング研究所の方はねずみ講ではないので、安心して利用するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。