フォルスクラブとねずみ商法の違いとは何か

フォルスクラブは基本的には一切の広告宣伝を行わず、口コミなどでその利用者を増やしていることが大きな特徴となっています。このような顧客の増やし方の場合には、いわゆるねずみ商法と言われてしまうことが多いものですが、フォルスクラブのビジネスとねずみ商法とは決定的な大きな違いがあります。

・フォルスクラブの入会方法

フォルスクラブに入会する場合には、基本的には自分で申し込むことが必要です。これは誰かに紹介をされた場合でもその人が代わりに申し込むと言う事は基本的にできない仕組みとなっており、本人が直接様々な書類等を記載し契約をすることが必要となります。ねずみ商法の場合には紹介者が代わりに申し込むことにより、その紹介料を受け取ることができる仕組みとなっていることが多いため、これにより紹介者はより多くの新規入会者を増やそうと様々な行為を行うことになり、その結果トラブルが発生することが多いものです。フォルスクラブはこの紹介者制度を一切行っていないため、口コミなどで紹介をした場合でもその人にメリットはありません。

・サービス内容は自分で選ぶ

ねずみ商法の基本は、紹介者や仲介者が自分自身でサービスを仕入れ、これを新たな入会者などに販売することによって差額を利益にすると言うケースがほとんどであり、そのために新たな入会者はサービスを自分で選ぶことができない場合が少なくありません。紹介者があらかじめ仕入れたサービスの中から選ぶことになるため、より自分にとってメリットのあるサービスが存在している場合でもこれを購入することができないものです。いらないものを売りつけられると言えば分かるでしょうか。フォルスクラブでは自分自身で直接サイト等の中からサービスを選ぶことができ、また直接申し込むことができるのメリットになっています。

・フォルスクラブは料金を直接本部に支払う

フォルスクラブを利用すると、料金の請求は直接本部から本人に行かれるようになっています。ねずみ商法の場合には紹介者から購入することになるため、料金も紹介者に支払う仕組みとなっているのがほとんどです。そのためねずみ商法では実際に本社などにいくら支払われているのかが分からなくなってしまうことが少なくありません。これはねずみ商法では紹介者がマージンを差し引き本部やさらにその上の紹介者に支払うことになるためで、実際にこの階層が増えるほど料金が高くなってしまうのが一般的です。転売みたいなものです。

・フォルスクラブはいつでも退会できます

フォルスクラブのメリットはいつでも退会できることにあり、この際に紹介者に連絡をする必要もありません。ねずみ商法の場合にはこれらの契約が全て紹介者を通して行われているため、退会をする場合にも紹介者に連絡をすることが基本となっています。実際には自分が紹介した人が退会をすると利益が減ってしまうため、様々な手段を持ってこれを阻止しようとすることになり、退会しにくくなってしまうのがねずみ商法の特徴です。退職届を受理しないブラック企業と同じです。フォルスクラブではこのようなことがなく、また退会したことを紹介者に知られることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。