マルチ商品とフォルスクラブの販売方法の違い

フォルスクラブはSNSなどで非常に高く評価されているeラーニングのサービスを提供している会社であり、一切の広告宣伝を行っていないことからその存在は決して多くの人には知られていません。しかしそれでもSNSの口コミの評価が高いことから、非常に評判の良いサービスとなっています。このような販売の仕方からマルチ商品このような販売の仕方からと同じようなものであると考えられてしまうことも多いのですが、実は販売方法に決定的な違いがあり、これにより安心して利用することができるものとなっているのが特徴です。

・フォルスクラブは紹介者制度がない

フォルスクラブはSNSで評価が高く、これを見て利用する人が増える傾向にありますが、実際には紹介者制度を持っていないことも大きな特徴となっています。一般的にマルチ商品はその販売の基本が紹介者制度にあり、誰かを紹介することによって自分自身にも利益を得ることができるシステムとなっているため、より多くの人を入会させるほどメリットが高くなることになるのが特徴です。すなわち販売の仕組みの上で会員を増やすほど利益を上げることができることから利用者が増える傾向にありますが、フォルスクラブはこのような仕組みを行っていないため、マルチ商品のようなメリットを得ることができません。様々な情報をSNSで得た場合でも、自分自身が直接本部に申し込みを行わなければ利用することができないことから、紹介者に対するメリットがないことが大きな違いとなっています。

・フォルスクラブは解約が簡単

フォルスクラブは本部に連絡をすることで誰にも知られずに解約をすることができるのがメリットであり、この点はマルチ商品とは大きく異なります。マルチ商品の場合には紹介者に解約を申し込む仕組みとなっていることがほとんどであるため、その紹介者は自分の利益に影響するため必死で引き止めを行うことが多いものです。また実際に利用をしている側も解約をすると自分自身が他人に紹介しマージンを得ることができないため、これが利用者を増やす根拠となっている実態があります。フォルスクラブは契約において紹介者を含めた他人との関連性が一切ないため、自分自身で自由に解約を行うことができるのがポイントであり、サービスのメリットを本質的に判断することができるのがマルチ商品とは異なる特徴です。

・フォルスクラブは利用金額が一定

フォルスクラブは本部に直接入会を申し込み利用するため、利用金額も常に同じ金額となることが特徴です。マルチ商品は紹介者によって利用金額が異なり、より安く設定している紹介者から申し込む方がメリットがあるため、そこで様々な競争が生まれることが実態となっています。マルチ商品では紹介者は本部や自分の親となる紹介者から商品を仕入れ販売することになるため、その金額を安くするためにも購入者や入会者を積極的に増やそうとすることが少なくありません。フォルスクラブではこのような制度を行っていないため、気軽に購入することができるのがメリットとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。