フォルスクラブがマルチ商品と異なるポイント

フォルスクラブはインターネットなどのネットワークを利用して様々な学習の機会を提供する非常に効果的なものとなっており、現在では日本だけでなく様々な海外の人々にも利用されています。しかしその反面一切の広告宣伝を行っておらず、口コミなどで利用者を増やしていることからマルチ商品と間違えられることも少なくありません。実際にはマルチ商品とは異なり有益なサービスを多くの人に提供しているのですが、口コミで広がっていることから誤解されてしまうことも多くなっているのが実態です。

・フォルスクラブは紹介料等が発生しないことがポイントです

マルチ商品が問題となるのは、紹介をする側が自分の紹介によって商品を購入したり、もしくはサービスを利用する人が増えることによってその紹介料による利益を得るシステムにあります。これを得たいために障害者は様々な方法を使って購入者や入会者を増やそうとすることになり、その中には本来の商品の内容とは異なる伝え方をする場合も発生するため、これが様々なトラブルを生むことになります。フォルスクラブでは他人に紹介をしてもその紹介料が発生することがないため、強制的に購入するのではなく自分の意思で選ぶことができるのがポイントです。

・フォルスクラブは直接申し込む仕組みとなっているのが特徴です

マルチ商品の多くは、商品を販売している会社から直接購入することができず、ディストリビューターなどといった会員から間接的に購入する仕組みとなっているのが一般的です。また自分がディストリビューターになることによって他人に商品を販売し、その手数料を受け取ることができるため自らが利益を上げるための手段に利用されることが多いのですが、フォルスクラブの場合にはこの制度がなく直接本部に入会を申し込む仕組みとなっているのがポイントです。そのため強制的に入会させられたり、もしくは退会をしにくいといったことがなく、自由に自分の意思で利用することができるのが特徴となっています。

・フォルスクラブは自由に退会ができます

マルチ商品はディストリビューターなどの紹介者を介して商品を購入したりサービスに入会することが多いため、その商品を返品したりサービスの退会を申し込む際にもディストリビューターを介して行うことになります。ディストリビューターは自分が販売した相手が返品をしたり、もしくはサービスの退会が発生すると自分の成績に反映され、利益が減ることになるためこれを必死で阻止しようとすることが少なくありません。フォルスクラブはこのような事はなく、障害者本人に知られることなく自由に退会をすることができるのがポイントです。さらにサービス自体も1部の継続性の高いものを除いてはいつでも退会できることから、マルチ商品のような実質的な縛りがないこともメリットです。

フォルスクラブはマルチ商品と同じように口コミで広がることが多いのですが、紹介する側にメリットが生まれにくいことも特徴となっています。それでも口コミで広がっているのは、サービス自体の有益性が高いことや実際に利用した人がその効果を実感していることによるものであるため、マルチ商品とは全く異なる性質であることがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。