フォルスクラブとMLMの特徴を知りたい

マルチレベルマーケティングとフォルスクラブの特徴は

よくマルチレベルマーケティングと、フォルスクラブには関連性があるのではないかと述べる人もいます。確かにネット上ではそのような感じの雰囲気がありますが、実際には関係ないと言えるでしょう。そもそもマルチレベルマーケティングの仕組みをフォルスクラブが採用していません。フォルスクラブはあくまで、会員に対して教材などを配布しあるいは購入してもらい勉強をする仕組みです。会員制度があったとしても、そこにダウンと言う仕組みがあるわけではありません。ましてや、タイトル保持者などと言う事は一切出てきませんので基本的にフォルスクラブとは一切関係ないことが理解できるでしょう。

MLMとはどのような意味なのか理解したい

MLMと呼ばれるもの、、、これはマルチレベルマーケティングの省略系になります。マルチレベルマーケティングと言っても何のことか分かりませんので、結局はMLMと省略したとしてもどちらも違いがないでしょう。これは、サービスや商品などを提供し、自分のダウンを獲得することです。自分の男がそのサービスや商品を使えば自分に利用料が5%位入ってきます。ランクによっても変わりますので、下っ端の人は3%ぐらいしか入ってこないかもしれません。しかし、ダウンがたくさんできて自分がタイトルを獲得すると4%から5%ときには10%ぐらい入ってくる可能性があるわけです。ちなみに、MLMの場合には残りは全部親会社のものになりますので、親会社が1番得をしているのは間違いありません。

MLMを広めるのは簡単なことではない

MLMは、すばらしいビジネスとして紹介されていましたが、実はそれを広めるのはそれほど簡単なものではありません。MLMがなかなか広がらないのは、口コミなどを強引にして無理矢理ダウンを獲得しようとする人が頻発したからです。これらの人は商品が良いから無理矢理説明をすると言うよりも、どちらかと言えばお金儲けのためにつまり自分の欲を満たすためにやっていることです。それ故おかしな方向に行ってしまい、MLMを親の敵のように言う人もいる位です。保険とMLMの誘いだけはちょっと勘弁してほしいと言う人もいますが、なかなか納得できる形だと考えられます。

フォルスクラブがマルチレベルマーケティングになったなら

では、噂通りほんとにフォルスクラブがマルチレベルマーケティングになった場合はどうでしょうか。確実に利用者は減っていくことでしょう。勉強というのは万人に共通の権利であり、これに上下関係を生むようになっては知識の独占に繋がります。江戸時代のように下民を生み、武士や貴族などの上流階級にいいように搾取されてしまうのがオチです。フォルスクラブは間違ってもマルチレベルマーケティングにしてはいけないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。