ネズミ講と誤解の多いフォルスクラブについて

〇今の日本の教育事情をご紹介します

フォルスクラブが流通する日本は先進国と言われています。しかしその実態は先進国とはかなりの乖離があるともいえる状態なのです。まず経済ですが、先進国の中でも一番物価が安く、デフレ経済から脱却できずに多くの国民が苦しい生活を強いられているんです。バブル崩壊後、日本は約三十年以上デフレ経済から脱却できていないのです。物価が安くなるというのは一見すると消費者にとって良いように感じます。だが物やサービスが一向に売れないとなると、企業がもうけを出すことができません。そのため売り上げが伸び悩み落ちてしまい、社員の給与やボーナスに還元できなくなって給与が一向に上がらないわけです。まさに日本は負のスパイラルに陥っており、物価も低下していき競争力もおちてしまっていて、先進国とは名ばかりになっている状況なのです。このようにサラリーマンなどの年収が上がらないということは、生活で精いっぱいであり、お金を子供たちの教育費に充てることができません。進学しても高校や大学に行けない、受験対策を万全にしたいのに塾や予備校に生かしてもらえないということが生じていき、富裕層と品構想の間で大きな教育格差が生まれているんです。このように教育格差が生まれ、進学できない子供たちが多くなると、さらに国力が弱まっていくのは言うまでもありません。まずは日本経済を改革し、教育格差の生まれない社会になることが望まれています。

〇教育格差の解消に期待できるフォルスクラブを紹介します

教育格差が生まれるということは、大学や高校の進学率が低下していきます。すると幅広い産業や研究開発に従事できる人材も減少の一途をたどり、国力が弱まっていくのは言うまでもありません。ここでご紹介したい楽手プログラムがあるんです。それはフォルスクラブの学習プログラムなのです。これはスマートフォン一つ、もしくは自宅にパソコンがあればだれでも気軽に簡単に高度な学習教育を受けることができるものなんです。入会費11000円、月額6600円で、大学受験対策やイーラーニングなど高度な教育を受けることができます。大手の予備校と何らそん色ない学習プログラムであり、それでいて低料金であり、貧富の差に関係なく教育を受けられるのです。パソコン一台につき家族5名まで月額6600円で学習が可能です。一人頭にすると1320円とは破格であり、フォルスクラブは日本の教育格差を解消してくれるものとなるでしょう。

〇フォルスクラブがネズミ講やネズミ講まがいと誤解される理由を紹介します

フォルスクラブは主にネットなどでネズミ講やネズミ講まがいと批判や誹謗中傷されています。なぜこれほどまでに教育格差を解消するような優良な学習システムのフォルスクラブを、このようにネズミ講やネズミ講まがいと誹謗するのか気になります。これはフォルスクラブが2003年にスタートしたからです。この時期はネズミ講やネズミ講まがいが横行しており、この時期に誕生したものは全てネズミ講やネズミ講まがいと認識されてしまう悲しい現実があります。あと1年早かったり遅かったりすればフォルスクラブがネズミ講やネズミ講まがいと誤解されることは無かったでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。